トップメッセージ

代表取締役 小西新太郎
小西酒造株式会社 代表取締役 小西新太郎

   昨今キーワードと言われる言葉がいくつかございます。AI(人工知能)、ビッグデータ、ロボット、IoT、それにポータルサイトがそれであり大きく取り上げられています。特にAI時代が何をもたらすのかは皆様の関心事だと思います。しかし一方で人間でないとできないことをしっかりと見出していくことの重要性を改めて感じております。その中でも情報伝達方法の重要性を自問自答しています。手前味噌の話になりますが、人工知能に使われるのではなく、人工知能を使う人間になるためには、是非お酒に触れていただきたいと思います。コンピューターは絶対に酔っぱらいません。それは凄いことかもしれませんが面白くないですね。小西酒造は、皆様に自社の商品情報だけではなく、できる限り皆様の人生が楽しくなる一助に少しでもお役に立つ情報提供をさせていただけるように努力し続けます。

 お陰さまで今は世界で日本酒(「白雪」)の認知度があがっております。世界の方々に日本酒を飲んでいただくシーンが、日本食レストランのみならずあらゆるシーンで飲んでいただけるように、その魅力を発信させていただきたいと考えております。海外の方々にも人気の出始めている日本酒を日本の若い方々にももっと口にしていただきたいと思います。
 例えば、弊社には1702年の日本酒の造り方の古文書が保存されており、それを再現した「江戸元禄の白雪」等は、海外特にヨーロッパで大変人気がございます。皆様にも是非試していただきたいと思います。今後とも皆様から頂戴したご意見やコメントを大事にしてより魅力あるホームページにしてまいります。

 弊社が本社を置く兵庫県伊丹市とベルギーのハッセルト市が姉妹都市関係になったことがきっかけで、小西酒造がベルギービールを輸入して今年で丸30年になります。今はクラフトビールが世界で話題になっている時代に、クラフトビールの元祖ともいえるベルギービールのおいしさ、楽しさを一人でも多くの日本のビールファンに知っていただくように努めてまいります。

 新しい大きなうねりを感じながら、「味づくり、幸せづくり、ひとすじに」という原点をしっかりと持ちながら、お客様がお酒を飲まれるシーンを創造できる企業になるべく努力してまいります。

 今年が皆様にとりまして素晴らしい年になることを心から祈念申し上げ、年初のご挨拶と致します。