沿革

1550年(天文19年) 創業。伊丹で薬屋を営む小西新右衞門が始祖となり、濁酒造りを開始。
1612年頃(慶長17年頃) 清酒業を本業とするようになり、酒樽を馬の背に乗せ、江戸への運送を開始。
1635年頃(寛永12年頃) 二代目・宗宅が江戸へ酒樽を運ぶ途中、雪をいただいた富士の気高さに
感動し、清酒を「白雪」と名づける。
1694年(元禄7年) 江戸・茅場町で生産者の出店として初めて酒問屋を開業。
1893年(明治26年) シカゴの世界万国博覧会に「白雪」を出品し、金牌を受賞。
1933年(昭和8年) 小西家家業のうち、伊丹酒造部を独立させ小西酒造株式会社を設立。
1946年(昭和21年) 伊丹市に有限会社富士西商店を設立し、奈良漬の製造を開始。
1963年(昭和38年) 業界初の四季醸造工場、富士山二号が完成。
1974年(昭和49年) ニューヨークに合弁会社を設立。
1987年(昭和62年) フランスワイン「ユネックスパ社」との取引開始。
1988年(昭和63年)
4月
カリフォルニアワイン「ソノマバレーワインズ社」との取引開始。
11月
ベルギービールの取扱い開始。
1995年(平成7年)
6月
「白雪ブルワリービレッジ長寿蔵」を竣工。
1996年(平成8年) オーストラリアに清酒製造工場を竣工。
1998年(平成10年)
4月
ビール及び発泡酒製造永久免許を取得。
10月
連続液化仕込み方式及び装置に関する特許を取得。
2000年(平成12年) 創業450周年を迎える。
2006年(平成18年)
4月
株式会社セラアグリパークに出資。
広島県世羅町に「せらワイナリー」を開園。
2008年(平成20年)
8月
ヴェデット・エクストラ ホワイト販売開始。
2013年(平成25年)
2月
本社を兵庫県伊丹市東有岡2 丁目13 番地に移転