ベルギーマップ
ベルギー・フォトギャラリー
ピーテル・ブリューゲル
ビールを描いたベルギーの画家
マイケル・ジャクソン
ビールの神様が語るベルギービールのすべて
ベルギー・エッセイ集
ベルギー観光局日本事務所所長 宮下南緒子
私のベルギー・私と日本
在日留学生へのインタビュー
ハッセルト市の紹介
ベルギーは主にフラマンとワロンという2つの民族で構成されている多言語国家である。 現在のベルギーの言語境界線や文化の原型がつくられたのは、ローマ時代にまでさかのぼる。 フラマン人はシーザーのガリア征服の際ゲルマンの領域にとどまった民族で、オランダ語の方言であるフラマン語を話す。一方のワロン人はローマ領としてラテン化し、ラテンの言葉であるフランス語を話す。(ワロン語も存在するが、日常的に使われているのはフランス語である)。また、第一次大戦後にベルギーとなったかつてのドイツ領に住む人々は、ドイツ語を母語としている。

1830年にオランダから独立して以後、フラマンとワロンの両民族は、言語戦争と呼ばれる対立を繰り返しながらも、豊かで安定した現在のベルギーを築き上げてきた。

フランス、ドイツ、オランダ、ルクセンブルグと国境を接し、ドーバー海峡によってイギリスと通じているベルギーは、”ヨーロッパの心臓”とも呼ばれている。首都ブリュッセルは、EU本部やNATOなどの機関が集まるヨーロッパきっての国際都市である。これには、地理的な条件もあるが、何よりベルギーがゲルマンとラテンというヨーロッパの二大民族が融合した国であるということが、大きな要因になっている。

ゲルマンとラテンの文化が巧に調和したこの小さな国ベルギーには、ヨーロッパの人々が長い歴史の中で大切に作り上げてきたものが、今もしっかりといきづいている。



[HOME]



FujiyamaNET は「山は富士、酒は白雪」でおなじみの
小西酒造株式会社が運営しております。

FujiyamaNETに関するご意見・お問合せ:fujiyama@konishi.co.jp
Copyright(c) 1996-2009 konishi Brewing co.,Ltd.