• ピックアップ商品
  • ベルギービールサイト
  • 白雪奈良漬
  • 長寿蔵ブルワリーレストラン
  • 長寿蔵オンラインショップ
  • Facebook随時更新中
最近の投稿
お客様相談室

夏季休業のご案内

カテゴリ
月別アーカイブ

のせでん冬物語 おでん電車で春よ来い

レポート
2014年02月25日
電車に揺られて、日本酒&おでんを堪能。
能勢電鉄名物のおでん電車、出発進行!
001.jpg

2014年1月29日(木)~2月1日(日)の4日間、冬季恒例の能勢電鉄イベント「おでん電車」が、今年も満員御礼で運行されました。
川西能勢口駅~妙見口駅間の間を運行される「おでん電車」は、電車内でおでんや日本酒を味わえる限定電車のことです。このイベントに協賛させていただいた小西酒造は、電車内のお飲み物として、熱燗、樽酒等を提供させて頂きました。
冬らしく外装が装飾された「のせでん冬物語《つなぐ》」の中に、向かい合うロングシートの真ん中にテーブルが設置され、おでん鍋が準備されました。
002.jpg
まず事前募集でお集まりいただいた参加者様が、川西能勢口駅に集合。次々と受付をしていくのですが、毎年来られているお客様でしょうか?既に笑顔で、ワクワクされている様子が伝わってきました。
「おでん電車」の発着場は、普段はラッシュ時にしか使われないホーム。
冬らしく外装が装飾された「のせでん冬物語《つなぐ》」に「おでん電車」のヘッドマークが付きイベント専用車に。皆様、電車を見られると「おぉ~」と、各々記念写真を撮られ、そのあと吸い込まれるように電車内へと入って行かれました。のれん付の乗車口は非常に不思議な光景でした。
車内では、向かい合うロングシートの間、普段なら通路である場所に、テーブルが置かれ、上にはお弁当におでん鍋。そしてスタッフの横には大量に準備された日本酒♪「これはテンションが上がるわ~」と、お客様が興奮気味につぶやくほどに、そこはまさに「宴の場」でした。003.jpg

ほどなくして「おでん電車」は出発。道のりは約2時間で、いったん妙見口駅まで向かった後、平野駅まで折り返し、その後もう一度妙見口までいって、最後に川西能勢口駅に戻ってきます。
乾杯が行われた後、それぞれのテーブルで宴会がスタート。常連の方々は最初から、初めての方々も徐々にエンジンがかかってきた様子で、すぐに車内は明るい笑い声で溢れました。
お酒も美味しく召し上がっていただけたようで、「熱燗をぬる燗で!」「お兄さん樽酒ちょうだい!」と、嬉しい言葉が絶え間なく聞こえていました。本当にありがとうございます!その分、注文応対やお酒の補充にスタッフの方々は大変そうでした(スタッフの皆様にも感謝です!)。004.jpg

お酒と電車の揺れに夢心地の中、嬉しいサプライズも。妙見口駅に向かうトンネルの中に美しいイルミネーションが!能勢電鉄さんの粋な計らいで、車内の明かりは消え、車両はトンネル内で一旦停止。。。女性客の皆さんも「きれいやなぁ~…」と喜んでおられました。
また2度目の妙見口駅の停車中は「うめ粥」の振舞いや「特産品の販売」なども実施。まだまだ寒さが厳しい中「うめ粥」の温かさに、皆様ほっこりされていました。
特産品の販売も人気で「でっちようかん」などは、購入後車内で分け合いながら食べるといった光景も見られました。
また、最終、川西能勢口駅に向かう途中では、じゃんけん大会も開催。優勝者には小西酒造オリジナルのビアマグカップを贈呈!こちらも喜んでいただけたようで嬉しい限りです。
005.jpg
006.jpg
能勢電鉄では、このような企画電車を走らせています。今回も、終着寸前に「もう一往復お願い!」という声が上がるほど。皆様も、電車の中の非日常を楽しめるイベントに、ぜひ参加してみてください!
能勢電鉄ホームページ:noseden.hankyu.co.jp
のせでん日記(facebook):facebook.com/noseden